鉄欠乏性貧血の症状と対策

女性

鉄欠乏性貧血の原因とは

鉄欠乏性貧血は貧血の一種になり、体の中にある鉄分が足りなくなってしまうことで起こる貧血になります。鉄分のほとんどが体中を巡る血液に含まれており、残りわずかな鉄分は肝臓や脾臓に蓄積されているか皮膚、粘膜などに含まれています。何かしらの要因で体から鉄分が抜け出すと、肝臓と脾臓に蓄積された貯蔵鉄が足りない鉄分を補うようにするので急激に鉄欠乏性貧血を引き起こすことはありません。しかし、継続して鉄分が足りない状況が続くと貯蔵鉄も無くなり発症してしまうのです。

鉄分が不足するとどうなるか

鉄分が不足すると体の一部に異常が起きます。鉄欠乏性貧血の症状として、指先の爪が薄くなって反り返りスプーンのような形状になってしまうことがあります。爪を生成しているのは髪の毛などと同じ成分になっているので、鉄が不足することでうまく生成が出来なくなり強度が足りずに反り返ってしまうという異常が起きるのです。また皮膚や粘膜にも鉄は含まれているので、肌が乾燥したり舌がつるつるになってしまうこともあります。また異食症のように硬いものや冷たい氷を食べたくなるといった病気を発症することもあるのです。

鉄欠乏性貧血の対策

鉄欠乏性貧血が起きる原因は体の中の鉄分バランスが崩れることによって引き起こされるのは先程の話で説明しましたが、対策として足りてない鉄分を補給すればいいだけではないのかと考えている方が多いです。実際、貧血はほとんどが食事やサプリメントで改善出来ますが、問題としてなぜ鉄分が足りていないのかを解明する必要があります。これは専門外来として内科を受診したり、女性なら産婦人科で相談するという方法がベストでしょう。場合によっては内臓が出血している可能性もあるので、食事とサプリメントの前に病院で診断してもらうことが優先です。

男性の貧血は注意!

男性は女性に比べて赤血球の数も多く、生理などで血液を失うこともないので貧血を起こしにくいとされています。しかし、そんな男性が貧血を起こす場合、内臓の疾患を発症している可能性が高いとされるので注意が必要になります。特に大腸癌や胃がんなどの悪質な病気の可能性もあるため、たかが貧血と思わずになるべく早めに内科を受診したほうがいいです。普段から便の色を見ておくと消化器官の異常に気づきやすくなるのでチェックしておくといいでしょう。黒い便は十二指腸付近、赤い便や血便だと大腸や肛門付近の異常となるので覚えておきましょう。

貧血の治療法の紹介

カウンセリング

鉄欠乏性貧血の治療

鉄欠乏性貧血などの貧血の治療に治療薬と食生活の改善、生活リズムの見直しといった取り組みが行われています。これらをしっかりと守っていけば貧血もしっかりと完治していくでしょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中